キハ125形はJR九州のローカル線用気動車

NDCシリーズのひとつで兄弟車両が多い

日豊本線

キハ125形
2016年3月16日 大分駅 写真:こぱふぅ
キハ 125 形は JR 九州のローカル線用気動車で、キハ 45 系などを置き換えワンマン運転を実施する目的で、1993 年(平成 5 年)にデビューした。
キハ125形の大きな写真大きな写真
(2560×2022 ピクセル, 2155 Kbyte)
キハ125形
2016年3月16日 大分駅 写真:こぱふぅ
新潟鐵工所(現・新潟トランシス)が製作した地方鉄道向け車両である「NDC シリーズ」のひとつで、JR西日本のキハ 120 形、島原鉄道のキハ 2500 形、ひたちなか海浜鉄道湊線のキハ 3710 形、松浦鉄道の MR-400 形、水島臨海鉄道の MRT300 形などの兄弟分にあたる。
キハ125形の大きな写真大きな写真
(2560×1989 ピクセル, 2061 Kbyte)
キハ125形
2016年3月16日 大分駅 写真:こぱふぅ
デザインは、水戸岡鋭治 (みとおかえいじ) の率いるドーンデザイン研究所が担当した。車体外部を明るい黄色一色で塗装し、JR マークや Y-DC125 ロゴを配置するのは、水戸岡デザインの特徴だ。Y-DC は "YELLOW ONE MAN DIESEL CAR" の略である。
製造当初はトイレがなかったが、2005 年(平成 17 年)までに全車に取り付けが実施された。
キハ125形
2016年3月16日 大分駅 写真:こぱふぅ
18m級普通鋼製車体で、NDC シリーズ標準の DMF13HZ エンジンを 1 基搭載する。最高速度は 95km/h。2 両運転時でもワンマン運転を可能とするため、前面中央部に貫通扉を設けている。
キハ125形 関連

参考サイト

(この項おわり)
header