阪急電鉄 6000系は 2200系と5100系の組み合わせ

1976年から製造
阪急電鉄 6000系
2004年2月24日 阪急梅田駅 写真:こぱふぅ
阪急電鉄6000 系電車は、2200 系(車体)と 5100 系(制御装置)を組み合わせ、1976 年(昭和 51 年)から製造された形式である。

運転台は T 字型のワンハンドルマスコンを導入。また、乗務員室の拡大も行われた。
この形式は、主に宝塚線で運用に入っているが、神戸本線や今津線などでの運用もある。
また、2001 年(平成 13 年)の 6007F を皮切りに、車内や空調器機の更新工事も進んでいるようだ。
阪急電鉄 関連
(この項おわり)
header