スカイレールは日本一小さな鉄道

日本初のロープ駆動式懸垂型新交通システム
スカイレール
2006年7月23日 みどり口駅 写真:ままぱふぅ
スカイレールは、正式名称をスカイレール軌道広島短距離交通瀬野線といい、広島県広島市安芸区瀬野町に建設された住宅団地「スカイレールタウンみどり坂」とJR 瀬野駅を結ぶモノレールである。営業距離1.3 キロ、3駅で、スカイレールサービス株式会社が運営する。
スカイレール
2006年7月23日 みどり口駅 写真:ままぱふぅ
1998 年(平成 10 年)年 8 月 28 日に開業した日本初のロープ駆動式懸垂型新交通システムである。懸垂式モノレールとロープウェイを組み合わせたような新交通システムで、懸垂式のモノレール車両を、駅間ではワイヤロープで、駅構内ではリニアモーターで駆動して運転する。
いちおう鉄道に分類されており、日本一小さな鉄道である。

3駅には自動券売機・自動改札機が設置されており、日本で初めて非接触型 IC カードの定期券が採用された。
こうした数々の新機能を取り入れたことが評価され、1999 年(平成 11 年)に鉄道友の会ローレル賞を受賞している。
JR瀬野駅
2006年7月23日 JR 瀬野駅 写真:こぱふぅ
JR 瀬野駅の改札装置(?)。
挿入口に切符を入れると、スタンプされて戻ってくる。
しかし、駅によって装置の方式が異なるのはなぜ?
(この項おわり)
header