箱根登山鉄道 モハ1形は開業時に登場

1919年デビュー
箱根登山鉄道 モハ1形
2014年3月26日 大平台駅~宮ノ下駅間 写真:こぱふぅ
モハ 1 形は、箱根登山鉄道が開業した 1919 年(大正 8 年)に 7 両が製造された。電装品と台車はアメリカ製で、車体は日本車両製造による木造車体だった。

1950 年(昭和 25 年)には車体の鋼体化と複電圧化改造が行われ、1993 年(平成 5 年)に片側の運転台を撤去して 2 両固定編成化された。2014 年(平成 26 年)現在、2編成が残っている。
箱根登山鉄道 モハ1形の大きな写真大きな写真
(1586×1920 ピクセル, 873 Kbyte)
箱根登山鉄道 モハ2形
2014年3月26日 塔ノ沢駅 写真:こぱふぅ
箱根登山鉄道は 1919 年(大正 8 年)に開業した。80‰(12.5m進む度に 1m の高さを登る)という急勾配を車輪の力だけで登るのは箱根登山鉄道だけだ。
車輪の空転に備え、砂撒きによって粘着係数を増加させるための砂箱を備えている。
箱根登山鉄道 モハ2形の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 862 Kbyte)
2019 年(令和元年)7 月 19 日、103 号・ 107 号が営業運転を終了する。
2 両のうち 107 号は、鈴廣蒲鉾本店に譲渡することになった。鈴廣蒲鉾本店は、小田原市内に所在する既存施設をリニューアルし、107 号を活用したカフェとする。店内から車両を見ることができるほか、商品の購入者は車内で飲食が可能となるという。
箱根登山鉄道 関連
(この項おわり)
header