教わって得る知識は偽物

中村義一

発言者

  中村義一 (なかむら・よしかず) 中村義一
  三鷹光器株式会社会長
   
  2004年3月29日

場面

「日経ビジネス」2004 年(平成 16 年)3 月 29 日号より。
天体望遠鏡をはじめ、スペースシャトル搭載カメラ、脳神経外科手術用顕微鏡スタンドなど産業機器にも精密機器を供給する“小さな巨人”三鷹光器の創業者の言葉。2006 年(平成 18 年)4 月 28 日には天皇陛下が視察されている。

コメント

創業者の中村会長は中卒である。中村会長は、最近の若者について、「知識はあっても『自分で考える』ことができない」と痛烈に批判する。「自分で考え抜く訓練が大切」と指摘し、「工夫する努力を重ねると、壁にぶつかってもあの手この手が出てくるようになる」と言う。おそらく自身の体験から出た言葉だと思う。
また、「子供を塾に行かせる親が多いそうですが、もの作りの楽しさを教えることの方が格段に大切」と主張しているが、まったく同感である。学校や塾で教わる「知識」というのは仮初めものもので、実生活の中で役立ってこその「学習」である。大人が「学習」の成果を子供に示せなければ、子どもが勉強するわけはない。
たとえば微積分であるが、少なくとも私の社会生活には役立っている。公式をそのまま覚えているわけではなく、仕事の中で舞い込んでくる膨大な量のデータを分析するのに役立つのである。プログラム作りをするときは、尚更である。また、理系以外の科目として、英語はもちろん、歴史や文学史だって、役に立っている。こうした知識があると、その土地の人とのコミュニケーションが円滑に進むからだ。

先日、仕事にプラスになる資格を獲得した。子どもに勉強させ、テストの結果を云々するからには、自分自身も新しい分野に挑戦し、成果を出し、それが仕事や生活で役立つことを実証していかなければならないと思うからである。

発言者による著作物

表紙 お金は宇宙から降ってくる
著者 中村義一
出版社 中経出版
サイズ 単行本
発売日 2004年09月
価格 1,512円(税込)
rakuten
ISBN 9784806120704
「光」は無限のアイデアをもたらしてくれる。驚異的な技術力を武器に躍進を続ける光学機器メーカー、三鷹光器。どのようにしてこのスーパー町工場が生まれ、育ったのか?取材が殺到した「オリジナル人材育成法」からアイデア発想法、職人の心得、そして未来の新技術まで、創業者・中村義一がすべてを語る。
 
表紙 社員は、この「型破り」教育で伸ばせ!
著者 中村義一
出版社 三笠書房
サイズ 単行本
発売日 2002年12月20日
価格 1,620円(税込)
rakuten
ISBN 9784837919797
三鷹光器はわずか従業員三十人ほどの、町工場である。しかし、この会社でどんなことが行なわれているか、あなたもきっと本書を読んで驚くはず!日本の製造業が築き上げた本当の底力は、凄まじいものがある。本書は、そのパワーを読者一人ひとりが体得できる「型破りノウハウ」だ。
 
(この項おわり)
header