大勢の人が集まる場所にはビジネスチャンス

井上雅博

発言者

  井上雅博 (いのうえ・まさひろ) 井上雅博
  ヤフー株式会社代表取締役社長
   
  2006年10月3日

場面

「情報化月間記念講演」(東京・全日空ホテル)にて。

コメント

井上氏はこの講演で、「使って欲しい人の大半が既にインターネットを利用している」と述べ、これからのネットビジネスのポイントとして――「インターネットがマスメディアとして成立」「バーチャルとリアルの融合」「利用者がそこでお金を使うようになる」「ロングテール」を挙げた。

「バーチャルとリアルの融合」では、今まではインターネットで検索する情報は Web サイトの情報などバーチャルな情報だったが、今後は生活圏などのリアルな場所の情報をインターネットで調べる時代になると予測。たとえば、近所の医療機関を調べて予約したり、出前のネット注文など、利用者がそこでお金を使うようになるという。
これは、井上氏の予測というより、ある程度は現実になってきている。

IT の仕事をしていて感じるのだが、Web2.0 というのは、インターネットを利用して時間と距離の制約を取っ払う――しかも“無料”で――ツールになりつつある。今まで高価だった地図や Office ソフトが“無料”になってきている。バーチャルの Web2.0 だけでは商売が成り立たず、リアルとのコラボレーションをせざるを得ない状況になってきている。
(この項おわり)
header