『女はなぜ土俵にあがれないのか』

内館牧子=著
表紙 女はなぜ土俵にあがれないのか
著者 内館牧子
出版社 幻冬舎
サイズ 新書
発売日 2006年11月
価格 858円(税込)
ISBN 9784344980020
大相撲における女人禁制は、1699 年の土俵成立から、国技になった 1909 年あたりに固まったようだと私は考えている。(59 ページ)

概要

相撲の土俵のイラスト(吊り屋根)
横綱・朝青龍のモンゴル帰国騒動で、本書の著者である内館牧子 (うちだて まきこ) さんが「朝青龍の天敵」などとの報道がなされたので、興味をもって読んでみた。

内館さんは、歴史的経緯から「女はなぜ土俵にあがれないのか」の理由を理解しているようであるが、本書を読む限り、万人に対する説得力は無いように感じた。というのは、歴史的事実に対する取材が甘く、著者が「思う」「考える」という形で締めくくっている部分が多いからだ。もともと放送作家の方なので、それはそれで仕方ないと思うが‥‥。
ただ残念なのが、せっかく本書のように分析しておきながら、朝青龍問題でほとんど言及しなかったことである。おそらく、彼女は相撲が安易に「グローバルスタンダード」化することにたいして懸念を表面していたのであり、それならば、そのように意見を述べれば良かったと思うのである。
(2008 年 4 月 28 日 読了)

参考サイト

(この項おわり)
header