DVDエンコードツール「Handbrake」でDVDをMPEG-4に

2009年7月 導入
Handbrake
Handbrake」は、DVD を MPEG-4 形式にエンコードするためのフリーソフトである。Windows XP/Vista/7 で動作するほか、MacOS X や Linux でも動作する。「HandBrake 日本語版」から日本語版をダウンロードできる。
種別 ユーティリティ
価格 無償(オープンソース)
動作環境 Windows XP/Vista/7
Mac OS X 10.5 / 10.6
Ubuntu
Fedora 14/15
製作者 HandBrake Project
公式サイト http://handbrake.fr/
最新バージョン 1.3.2(2020年05月03日)

主な変換機能

変換元の形式 変換可能な出力形式
VIDEO_TSフォルダ
DVDイメージ
DVDビデオ(CSSを含むコピープロテクトが施されたディスクは対象外)
.VOBおよび.TSファイル
libavformatで読み込み可能で、libavcodecでデコードできる多くのマルチメディアファイル
対応ファイルフォーマット(コンテナ) MP4, MKV, AVI, OGM
対応コーデック(動画) MPEG-4
H.264
Theora(1もしくは2パス、一定品質/レートエンコード)
対応コーデック(音声) AAC
MP3
Vorbis
AC-3(複数音声トラックにも対応)
その他の機能 チャプター選択
字幕サポート(画像として埋め込み)
ビットレート計算機内蔵
デインターレース、トリミング、サイズ変更
グレイスケール化

エンコード設定

HD サイズの DVD ビデオ(アスペクト比 16:9)をエンコードする際には、下図 (1) のような設定をしておくと、Windows, Mac, iPad, Android など、デバイスを問わずに再生できるようになる。
Handbrake

YABMを使用するケース

Handbrake で作成した MP4 コンテンツは、Android など一部の MP4 プレーヤーで再生できない場合がある。どうやら現行の Handbrake の MP4 コンテナが不完全なためらしい。
こんな時は、YAMBを使って下図のように MP4 を再構築すると、うまく再生できるようになる。YAMB では再エンコードは行わないので、映像・音声の劣化は発生しない。
YAMB
(この項おわり)
header