『ガラスの巨塔』――プロジェクトXのプロデューサーが描く

今井彰=著
表紙 ガラスの巨塔
著者 今井彰
出版社 幻冬舎
サイズ 単行本
発売日 2010年02月
価格 1,760円(税込)
rakuten
ISBN 9784344017894
怪文書が多い業界は三つある。ひとつが銀行、二つ目が役所、そして全日本テレビである。(150 ページ)

あらすじ

NHK
著者は、「タイス少佐の証言~湾岸戦争 45 日間の記録~」「埋もれたエイズ報告」などを手がけ、「プロジェクト X~挑戦者たち~」ではプロデューサーを務めた元 NHK職員の今井彰さん。その後、万引きの嫌疑をかけられ、病気を理由に NHK を退職している。
本書は「全日本テレビ」という舞台をめぐる小説の形態をとっているが、その内容は現実の NHK に限りなく近いものだと感じる。だとすると、われわれはこんな会社のために受信料を払っているのか、という気分にさせられる。
社内の派閥闘争は大企業に付きものの病だが、それにしても醜すぎる。
(2010 年 8 月 11 日 読了)

参考サイト

(この項おわり)
header