『「国民の祝日」の由来がわかる小事典』

所功=著
表紙 「国民の祝日」の由来がわかる小事典
著者 所功
出版社 PHP研究所
サイズ 新書
発売日 2003年08月
価格 858円(税込)
rakuten
ISBN 9784569630861
古来の日本社会でも、ふだん仕事に励む「ケ」(褒)の日に対して、みんな仕事を休んで地域の神々に感謝し平安と発展を祈る特別な「ハレ」(晴)の日が、神聖な祭日であり同時に祝日でもあった。(4 ページ)

レビュー

日本の国旗のイラスト
「建国記念の日「こどもの日」「勤労感謝の日」‥‥今や年間15 日にのぼる「国民の祝日」はいつ頃、どのように成立したのか。

古来の民俗的な年中行事や人生儀礼に伴なう祝祭日。明治以降の国家的な祝日。さらに平成に入ってから付け加えられた「みどりの日」や「海の日」など、「国民の祝日」は古さと新しさをあわせもつ。そこには、わが国で永年育まれてきた自然と、先祖に感謝する心、共同体の人間関係を尊ぶ豊かな精神が盛り込まれている。
歴史学の観点から日本人の英知を解き明かす。
(2010 年 11 月 3 日 読了)

参考サイト

(この項おわり)
header