『電車のデザイン』――JR九州の列車を中心に

水戸岡鋭治=著
表紙 電車のデザイン
著者 水戸岡鋭治
出版社 中央公論新社
サイズ 新書
発売日 2009年12月
価格 1,078円(税込)
rakuten
ISBN 9784121503367
まず言葉として理解してもらってから、色やカタチを紐解いていけばいい。(153 ページ)

概要

九州新幹線「つばめ」800系の車内
九州新幹線「つばめ」800系の車内
著者の水戸岡鋭治 (みとおか えいじ) さんは、新幹線800 系つばめや 787 系リレーつばめ、883 系ソニック、885 系かもめ、そして SL や「たま電車」まで、20 年あまりにわたって話題の車両デザインを手がけ、ブルネル賞、ブルーリボン賞、ローレル賞など数々の賞を受賞したデザイナーである。
普段デザイナーに対しているイメージとは違い、平易で分かりやすい言葉で自らの仕事を説明している。それは「わたしたちデザイナーが感性という言葉で表現するならば、活字はいわば理性。まず言葉として理解してもらってから、色やカタチを紐解いていけばいい」(153 ページ)という、著者のスタンスによるものであろう。
当サイトの「乗り物大図鑑 - JR 九州」でも紹介しているが、著者の車両デザインはとても印象に残る。JR 吸収の車両の種類はそれほど多くないのに、どれも個性的である。
そして、著者は「コストパフォーマンス意識の徹底」を念頭に置いているというように、内装は立派に見えても実はコストはかかっていない。たとえば九州新幹線「つばめ」800 系の場合、内装の木材等に若干傷のある材料を大量に仕入れることで、むしろコストを低くしているという。もちろん不燃処理が施されている。
プロのデザイナーが本気で仕事に取り組むと、こんなに凄いものができるのだと感心する。
(2010 年 5 月 18 日 読了)

参考サイト

(この項おわり)
header