USBの使用を禁止する

(1/1)
USB メモリや外付ディスクは、ビデオや音楽など比較的大きなデータを運ぶのに便利なデバイスです。しかし、この便利さゆえに、簡単に個人情報が漏れてしまうことがあります。そこで今回は、USB の利便性を封じる方法をご紹介します。

レジストリを変更する方法(Windows XP/Vista)

管理権限のあるユーザーでログオンします。「スタート」メニューから「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力。レジストリエディタが起動したら、次の順でキーをたどってください。

HKEY_LOCAL_MACHINE → SYSTEM → CurrentControlSet → Services → USBSTOR


右側のペインに表示される「Start」をダブルクリックします。「値のデータ」に半角数字で「4」を入力して「OK」ボタンをクリックします。
レジストリエディタを終了すれば、USB ポートに USB ストレージを挿しても認識しなくなります。

レジストリを操作するのは心配という方は、フリーソフト「USB TOOLS」を利用するといいでしょう。同じ設定をしてくれます。

市販ツールを使う方法(Windows XP/Vista)

USBKeeperを使って USB ストレージの使用を禁止することができます。

USBポートをロックする方法

サンワサプライ SL-46-G
サンワサプライの USB セキュリティ「SL-46」のように、USB ポートを物理的に塞いでしまう機器もあります。
機種や OS を問わずに利用できます。
関連商品icon

セキュリティ・シールを貼る方法

セキュリティ・シール
セキュリティ・シールは、一度貼り付けたシールをはがすと、「開封済」や「VOID」といった文字が現れます。
USB ポートを封印する効力はありませんが、ちょっとした出来心や過失を抑止する効果は見込めるでしょう。
機種や OS を問わずに利用できます。

USBデバイス側をロックする方法

USBダイヤル錠
USB ポート側と反対に、デバイス側を物理的にロックする「USB ダイヤル錠」という製品もあります。機種や OS を問わずに利用できます。
どちらかというと、USB メモリを紛失したときのためのロックですが、職場に放置した USB メモリにマルウェアを仕込まれることがないとは限りません。大切なデータには鍵をかけましょう。
関連商品icon

参考サイト

(この項おわり)
header