セキュリティ対策ソフトの偽物に注意

(1/1)
偽の感染警告で購入を迫る押売りソフト「WinAntiVirusPro 2007」など、セキュリティ対策ソフトの偽物が急増しています。注意してください。

「WinAntiVirusPro」日本語版について

WinAntiVirusPro」は2006年(平成18年)に登場した、偽のセキュリティ対策ソフトです。
最新の「WinAntiVirusPro 2007」では、偽のスキャン実行時間が長くなり、より本物のセキュリティ対策ソフトに近い動きをするようになっています。

WinAntiVirusPro にリンクする広告サイトでは、偽のスキャンを実行して、ユーザーのPC内にある無害なファイルに対して感染警告を表示します。そして、駆除するためには WinAntiVirusPro が必要として、まずダウンロードさせます。

日本語版のダウンロードサイトは "http://jp.winantivirus.com/" で既に閉鎖されていますが、いかにもセキュリティ対策に取り組んでいるイメージを感じさせるデザインで、購入ページなども“普通”の雰囲気です。
しかし、絶対にダウンロードしないでください!

WinAntiVirusPro は、一度インストールしてしまうと削除が困難なばかりでなく、購入手続を行うまで作業に支障をきたすほど頻繁に購入を促すメッセージを表示させるという「押し売り」ソフトです。
このメッセージに根負けして購入してしまうと、犯罪者にあなたのクレジットカード番号を含む個人情報を教えてしまうばかりでなく、ここで入力された個人情報がどこに漏らされるか分かったものではありません。

オンラインのセキュリティチェック

このような手口に騙されないためには、まず、オンラインのセキュリティチェックについては信頼あるサイト以外では行わないようにすることです。
YouTube のバナー広告でも WinAntiVirusPro へのリンクが確認されており、大手サイトにある広告だからといって油断してはいけません

オンラインのセキュリティチェックとしては、以下の3つのサイトは実績が豊富で、信頼していいでしょう。
逆に、これらのサイトより優れた診断結果を出せると主張しているサイトは「怪しい」と考えてください。

参考サイト

(この項おわり)
header