個人の健康情報

(1/1)
健康・医療情報に絡む情報流出が増加している。

アメリカの健康関連サイトで個人情報流出の危険性

データベース
アメリカにおける健康関連ウェブサイトを対象にした情報流出に関する調査で、利用者がどのような用語について検索したかが第三者に漏れている可能性があるサイトが 20 件中 7 つ見つかりました。

健康関連ウェブサイトは、行動ターゲティング広告を行うために、サイトを訪れる人々の情報を収集しています。
約 300 の第三者組織が、入手した情報を消費者の追跡に用いたり、消費者本人の関心領域、または関心があると考えられる領域や、人口統計学的に関心を持つと推定される領域、それまでのオンライン上での行動に基づいて予測された関心領域に関する広告の提供に利用していることが明らかになっています。
20 のサイト全てに第三者組織のエレメントが埋め込まれており、13 サイトには追跡機能を持つクッキービーコン、プラグインなどが見つかりました。

流出した情報が使用されたかどうか、特に、悪用されたかどうかは分かりません。しかし、情報流出の可能性が明らかになったことは、健康関連ウェブサイトの信用を低下させ、利用者を減らすと考えられます。

医療情報データベース、参加大学で流出続発

厚生労働省が進めている「医療情報データベース基盤整備事業に参加している 10 機関のうち、東京大学や九州大学など少なくとも 5 大学で、整備が始まった 2011 年度以降、不正アクセスによってメールアドレスなどの個人情報が流出したり、患者情報が含まれた USB メモリーを紛失したりする事案が起きていました。
このデータベースには、全国 1000 万人分の薬剤情報を集め、従来の企業などからの副作用報告のみでは把握できなかった安全性情報を正確に収集する狙いがあります。大学病院などの拠点ごとに電子カルテやレセプト、傷病、診療行為情報などの医薬品評価に必要なデータを抽出。患者の同意を得て匿名化した情報をデータベースに集積し、医薬品医療機器総合機構(PMDA)や研究者らが分析や研究を実施し、医薬品のリスクやベネフィットの迅速な評価を行う方針です。

九州大学では 2012 年(平成 24 年)11 月、大学院生が、九州大学病院の患者138 人の個人情報が記録された USB メモリが入ったショルダーバックを、バイクに乗った 2 人組にひったくられて紛失しました。USB メモリにはパスワードは設定されていませんでした。

東北大学では 2011 年(平成 23 年)12 月、職員が学生名簿などの個人情報を保存したパソコンを海外で盗まれました。千葉大学でも、教員が学生の個人情報が含まれているパソコンを学外に持ち出して紛失しています。浜松医科大では、学生が周産期の助産過程やその家族の氏名 3 人分などのデータが入った USB メモリを一時紛失しました。
キャリアブレイン(2013 年 4 月 9 日)より

アメリカの状況

アメリカでは、遺伝子学者や生物情報学者はアマゾンのクラウドを利用して数ペタバイトもある遺伝子データを処理しています。

また、ゲーミフィケーションを利用したNike+のようなヘルスケアグッズが消費者の間で人気を呼んでいますが、これは自分の健康情報を多数の企業に手渡していることになります。しかも、自分に関するデータが外部企業に売られている可能性にも気付いておらず、また、ユーザーの情報を保護するために企業側が適切なセキュリティ対策を講じているかどうかもあまり気にかけていません。

ワシントンポスト紙は先ごろ、この種のデータを保存している多くのシステムには、大きなセキュリティホールが存在すると伝えています。
WIRED NEWS(2013 年 4 月 9 日)より

医療データはクレカの20倍の値段で売れる

闇市場では、医療データが高騰しており、クレジットカードの最大 20 倍で取引されているといいます。このため、ヘルスケアサービスや医療IoT(スマートウォッチなど)だけでなく、医療機関のシステムへのサイバー攻撃が増加しています。

参考サイト

参考書籍

表紙 医療情報の利活用と個人情報保護
著者 大島一博/東京大学
出版社 EDITEX
サイズ 単行本
発売日 2015年10月
価格 1,944円(税込)
rakuten
ISBN 9784903320397
 
表紙 データ匿名化手法 ―ヘルスデータ事例に学ぶ個人情報保護
著者 カハレ・エル・エマン/ラック・アルバクル
出版社 オライリー・ジャパン
サイズ 単行本
発売日 2015年05月
価格 3,024円(税込)
rakuten
ISBN 9784873117249
データがビジネスを駆動する現在、さらなるサービスの進化と利便性を推進するために、個人に関する情報は不可欠です。本書は、機微な個人情報を多く含むヘルスデータを題材に、プライバシー保護とデータ有用性という相反する命題をいかに満たすかについて、豊富な実例とともに解説する書籍です。リスクベースの非特定化方法論、横断的データ、縦断的イベントデータ、データリダクション、地理空間の集約、マスキングなどデータの匿名化に必要な事柄を網羅的に解説します。医療者はもちろん、個人のプライバシーを守りつつ、より洗練されたサービスを提供したいエンジニア、データ技術者必携の一冊です。
 
表紙 医療・介護個人情報保護ハンドブック
著者 渡部大也
出版社 法研
サイズ 単行本
発売日 2005年06月
価格 756円(税込)
rakuten
ISBN 9784879545817
ポイントを漏らさず簡潔に押さえた90分でわかる決定版。医療関係者のためのハンディな一冊。
 
表紙 医療・介護の個人情報保護対策の実際
著者 村岡三千雄/岸本敏和
出版社 TKC出版
サイズ 単行本
発売日 2006年02月
価格 2,700円(税込)
rakuten
ISBN 9784924947535
業務別の対応策をQ&A形式でわかりやすく紹介。病医院・施設内部の体制づくり手順をステップごとに解説。「個人情報の保護に関する法律」「厚労省の適切な取り扱いのためのガイドライン・Q&A」を収録。
 
表紙 医療現場の個人情報保護Q&A
著者 桑原博道
出版社 セルバ出版
サイズ 単行本
発売日 2006年04月
価格 2,592円(税込)
rakuten
ISBN 9784901380485
個人情報保護法が平成17年4月1日にスタートしてから、医療現場では行き過ぎが問題となり、逆に揺り戻しの動きも出る。昨今は、医療現場の個人情報保護を落ち着いて考え直してみようという雰囲気だが、実務的に役立つ参考書はなく、疑問や問題が払拭されているとはいえない状況。本書は、医療現場が当面している個人情報保護の対応について、Q&Aで、コンパクトにわかりやすく解説。
 
表紙 医療現場からの疑問に答える個人情報保護法Q&A
著者 全日本病院協会
出版社 じほう
サイズ 単行本
発売日 2006年11月25日
価格 1,512円(税込)
rakuten
ISBN 9784840736596
 
(この項おわり)
header