JavaScriptのON/OFFを調べる

(1/1)
Ajax のおかげで再び JavaScript が脚光を浴びている。ここでは、JavaScript の便利なテクニックを紹介していくことにする。JavaScript の基本文法を知っている方が対象である。
セキュリティの観点から、ブラウザで JavaScript を OFF にしている人がいる。まず最初に、JavaScript の ON/OFF を調べ、その結果によってジャンプ先を変更するページを紹介する。

下記のソースを "isjs.html" という名前でセーブしてほしい。なお、行番号は便宜上付けているだけである。セーブするときには省くこと。

サンプル・プログラム

サンプル・プログラム

0001: <!DOCTYPE html>
0002: <html lang="ja">
0003: <head>
0004: <meta charset="utf-8">
0005: <meta name="author" content="studio pahoo" />
0006: <meta name="copyright" content="studio pahoo" />
0007: <meta name="ROBOTS" content="NOINDEX,NOFOLLOW" />
0008: <meta http-equiv="refresh" content="0;URL=jsoff.html">
0009: <title>JavaScriptのON/OFFを調べてジャンプ</title>
0010: <script type="text/javascript">
0011: <!---
0012: function gotojs() {
0013:     location.href = "json.html";
0014: }
0015: //-->
0016: </script>
0017: </head>
0018: <body>
0019: <a href="nometa.html">ココ</a>をクリックしてください。</a>
0020: <script type="text/javascript">
0021: <!---
0022:     gotojs()
0023: //-->
0024: </script>
0025: </body>
0026: </html>

(この項おわり)
header