JavaScriptで Web Storageを使う

(1/1)
HTML5 では、サーバではなくローカルドライブにデータを保存する Web Storage という仕組みが加わった。Cookie とは異なり、ブラウザを終了してもデータを保持し続けられる。

サンプル・プログラム

誕生日当てゲーム

生まれた月を 4 倍し、それに 9 を足し、さらに 25 倍し、それに生まれた日を足した結果を教えてもらうと、誕生月と日を言い当てられるという数字遊びがある。
実際のゲームは暗算で行うのだが、この計算の仕組みを JavaScript でプログラミングしてみた。

保存 ボタンを押下すると、誕生月と日をローカルドライブに保存する。ブラウザを終了してもデータは消えず、このページを再度表示すると、保存した値が読み込まれるという仕組みである。
生まれた月  
生まれた日  
      
生まれた月を4倍すると  
それに9を足すと  
それを25倍すると  
それに生まれた日を足すと ←相手から聞く数字
それから225を引くと ←答え

サンプル・プログラムの解説

保存 ボタンを押下して呼び出されるのがユーザー関数 saveItem である。
getElementById メソッドを使い、FORM に入っている月と日を取得する。
HTML 5 の localStorage に対応していれば、プロパティ localStorage が真となる。これを利用し、setItem メソッドを使って、 localStorage にデータを保存する。
setItem メソッドの第1 引数はキー情報(変数名)、第2 引数は値である。

一方、ロード時に実行する関数で、getItem メソッドを使い、localStorage に保存したデータを取り出す。

0011: <script type="text/javascript">
0012: <!--
0013: //localStorageから呼び出し
0014: window.onload = function() {
0015:     var month = '';
0016:     var day   = '';
0017:     if (localStorage) {
0018:         month = localStorage.getItem("birthgame_month");
0019:         day   = localStorage.getItem("birthgame_day");
0020:     }
0021:     document.getElementById('month').value = month;
0022:     document.getElementById('day').value   = day;
0023: }
0024: 
0025: //計算
0026: function calc() {
0027:     var month = parseInt(document.getElementById('month').value);
0028:     var day   = parseInt(document.getElementById('day').value);
0029:     var n1 = month * 4;
0030:     var n2 = n1 + 9;
0031:     var n3 = n2 * 25;
0032:     var n4 = n3 + day;
0033:     var n5 = n4 - 225;
0034:     document.getElementById('n1').value = n1;
0035:     document.getElementById('n2').value = n2;
0036:     document.getElementById('n3').value = n3;
0037:     document.getElementById('n4').value = n4;
0038:     document.getElementById('n5').value = n5;
0039: }
0040: 
0041: //localStorageに保存
0042: function saveItem() {
0043:     var month = document.getElementById('month').value;
0044:     var day   = document.getElementById('day').value;
0045:     if (localStorage) {
0046:         localStorage.setItem("birthgame_month", month);
0047:         localStorage.setItem("birthgame_day", day);
0048:     }
0049: }
0050: -->
0051: </script>

Web Storageについて

Web Storage はには、localStoragesessionStorage の 2種類がある。それぞれの特徴は下表の通りだ。
名称 特 徴
sessionStorage 一時的にデータを保存する。
ウィンドウを閉じるタイミングで消える。
同じページを複数のウィンドウで開いた場合、別々に保存される。
localStorage 明示的に消去しない限り、データをローカル環境に保持し続ける。
Web Storage生成元(オリジン)ごとに分離して保存される。生成元とは、プロトコル、ドメイン、ポート番号の 3 つ組みである。
つまり、プロトコル、ドメイン、ポート番号のいずれかが異なれば、キー情報が同じでも異なるデータ格納領域となる。"https://www.pahoo.org/e-soul/webtech/js01/program/birthgame.html" と "https://www.pahoo.org/index.html" は同じオリジンである。
また、オリジンが異なるデータ領域へのアクセスをさせないことで、セキュリティを保っている。

参考サイト

(この項おわり)
header