PHPでRFC3339形式のタイムスタンプを解釈する

(1/1)
今回は、「PHP で RFC3339 形式のタイムスタンプを表示する」の逆で、RFC3339 形式のタイムスタンプを年月日時分秒に分解するプログラムを紹介する。

登場する関数は、いままで使ったものばかりなので、とくに説明はしない。RFC3339 形式を解釈するための正規表現が肝である。

サンプル・プログラム

サンプル・プログラムの解説

0019: /**
0020:  * Date and Time Format (RFC3339形式)を解釈する
0021:  * @param String $str Date and Time Format (RFC3339形式)文字列
0022:  * @return String 解釈結果を格納する配列/年,月,月,日,時,分,秒の順に格納
0023: */
0024: function parse_dtformat($str) {
0025:     preg_match("/(\d{4})(?:-(\d{2})(?:-(\d{2})(?:T(\d{2}):(\d{2})(?::(\d{2})(?:\.(\d+))?)?(Z|([+-]\d{2}):(\d{2}))?)?)?)?/", $str$match);
0026:     return $match;
0027: }

参考サイト

(この項おわり)
header