SQLiteを用意する

(1/1)
SQLite は、Oracle や SQL Server といったリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の一種だ。RDBMS を動かすための言語「SQL」の標準である SQL92 の機能の多くを備えている。PHP5 では、最初から組み込まれている。

SQLiteとは何か

PHP ではオープンソースの MySQL や PostgreSQL が利用されることが多いが、SQLite はこれらの RDBMS とは異なり、サーバ環境を必要としない。また、より少ないリソースでも高速に動作することができるので、1 台の普通の PC に Apache、PHP、SQLite を常駐させても学習・開発用として十分に機能する。データベースそのものを 1 つのファイルとして保存するので、バックアップも簡単だ。
PHP5 では最初から SQLite が組み込まれているので、わざわざコンパイルやインストール作業を行う必要はない。設定の確認をするだけで利用できるようになる。

なお、このコーナーは PHP5 の利用を前提とする。PHP4 による動作は確認していないのでご注意いただきたい。

SQLiteを用意する(Linux編)

SQLite を使用する際には PDO と SQLite の extension が必要だ。
関数  phpinfo  を実行し、PDO と SQLite に関わる表示がなければ、apt-get コマンドなどでインストールすること。

sudo apt-get install php5-pdo
sudo apt-get install php5-sqlite

SQLiteを用意する(Windows編)

SQLite を使用する際には PDO と SQLite の DLL が必要だ。まず、PDO の DLL である "php_pdo.dll"、SQLite の DLL である "php_sqlite.dll" の 2 つの DLL が、PHP の ext フォルダ内に存在することを確認する。

次に、"php.ini" を開き、以下の 2行がコメントアウトされていたら、コメントを外し有効にする。

extension=php_pdo.dll
extension=php_sqlite.dll



最後に Apache 再起動すれば、PHP から SQLite が利用できるようになる。
念のため、関数  phpinfo  を実行し、PDO と SQLite に関わる表示があることを確認しておこう。

参考サイト

(この項おわり)
header