コピス吉祥寺が2010年10月オープン

2010年11月8日・2014年12月30日 撮影
コピス吉祥寺
コピス吉祥寺(coppice Kichijoji,東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5)は 2010 年(平成 22 年)10 月 15 日にグランドオープンした吉祥寺のショッピングセンターだ。

武蔵野市が中心となって 1971 年(昭和 46 年)、A館と B館からなるF&Fビルを完成。伊勢丹吉祥寺店が中心的テナントとして入ったが 2010 年(平成 22 年)3 月 14 日に閉店。その後も専門店街や吉祥寺美術館は営業を続けていた。
コピス吉祥寺の大きな写真大きな写真
(1341×1920 ピクセル, 991 Kbyte)
コピス吉祥寺
coppice」とは、雑木林や小さな森を意味する英語copseに由来する。また、co(共に生きる)+(s)pice(活気づける・刺激する)の 2 つの意味合いも込められているという。

新しいテナントは大型百貨店やスーパーではなく、食料品、ファッション、雑貨などの専門店が入る複数店舗からなる都市型ショッピングセンターということになった。

2010 年(平成 22 年)10 月のグランドオープンで、109 の新店舗が加わった。
A館3階屋上には庭園「吉祥空園 sora」がある。
コピス吉祥寺
武蔵野市のコミュニティバス「ムーバス」吉祥寺北西循環の停留所も「FF ・伊勢丹前」から「コピス吉祥寺前」に変更された。

A館3階のMARKEY'S(マーキーズ)には、岡山県・児島の有限会社マルミツアパレルで製造している子供服が並ぶ。
マルミツアパレルの社長・光實庫造 (みつざねこうぞう) さんは、「中国で作ったほうが安くあがるから、と言うてみんな出て行ったでしょう。まあ、それが悔しいし、それに対する反乱ですわ」と言い、日本で 30 年間、子供服を作ることにこだわり続けている。
1960 年代、集団就職でやってきた女性たちがミシンを踏み、児島は学生服生産量が日本一の町として栄えたこともある。そのベテランの内職主婦たちの手作りの子供服は、いまでも高い評価を受けている。

大型リニューアルで新規78店舗

2017 年(平成 29 年)3 月 30 日、リニューアルオープンする。開業以来、初の大型リニューアルで、78 店舗が新規出店する。

リニューアルで提唱する「GREENING」は「緑化する」という語源から派生し、「生命力と新鮮さを回復させる」という意味でも用いられるという。「心を緑にする=自分にちょっとした余裕をつくる取り組み」と位置付け、生活感度の高い吉祥寺大人世代に向け、新たなライフスタイルを提案するという。
3 月 1 日の先行オープン日には一日限定の「GREENING」フォトブースが登場し、先着350 人に GREENING SEED(ガーデンレタスミックスとペパーミントの種)を進呈。3 月 30 日~4 月 2 日にはリニューアルを記念したイベント「GREENING DAYS」も開く。

主な店舗

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:コピス吉祥寺

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header