福岡空港は博多駅から5分という便利さ

2014年10月18日 撮影
福岡空港
福岡空港(福岡県福岡市博多区下臼井 778-1)は、博多駅から地下鉄でわずか 5 分という、たいへん便利な立地の空港である。

滑走路は 2800 メートルのものが 1 本だが、年間発着回数は 15 万 6 千回と、羽田空港、成田空港に次いで国内 3番目の多さである。
しかし、空港が近すぎるため、建物の高さ制限が厳しい。博多駅と周辺では高さ 60 メートル(14階建てビルに相当)、天神では高さ 75 メートル(18階建てビルに相当)となっている。

2014 年(平成 26 年)12 月、政府は、福岡空港に 2 本目の滑走路(2500 メートル)を増設する方針を固めた。2015 年度予算案に調査費や設計費を計上し、10 年後の運用開始を目指す。
空港の整備費用は約 1800 億円で、このうち地方自治体と民間の負担分を除いた約 1200 億円の大半を、空港の運営権を民間企業に売却した資金で賄う方針だ。地元自治体は運営権売却を容認する意向を示している。
福岡空港
国内線第2 ターミナルビル 2階の出発口前には「舁き山 (かきやま) 」が展示されていた。
写真は、2014 年(平成 26 年)の大黒流舁き山「千年契 (せんねんのちぎり) 」、人形師は宗田智幸。

博多区で毎年 7 月 1 日から 15 日に開催される博多祇園山笠 (はかたぎおんやまかさ) は 700 年以上の伝統のある祭りだが、ここで神輿や山車に相当するのが山笠だ。山笠は多くの幟を立て人形を飾り、江戸時代には高さ 10 メートルにもおよび「飾り山」が登場した。しかし、明治に入って、飾り山が電線を切断する事故が相次ぎ、代わりに高さ 3 メートルほどの「舁き山 (かきやま) 」を用いることとなった。
福岡空港の大きな写真大きな写真
(1252×1920 ピクセル, 1043 Kbyte)

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:福岡空港
福岡空港 関連

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header