徳島阿波おどり空港はガラスとLEDを使った明るいターミナル

2017年10月14日 撮影
徳島阿波おどり空港
徳島阿波おどり空港(徳島県板野郡松茂町豊久字朝日野16番地 2)は、2010 年(平成 22 年)4 月に新ターミナルに移転し、徳島空港から愛称に変更して運用を開始した。2014 年度の年間利用客数は約 100 万人。
徳島阿波おどり空港の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 621 Kbyte)
徳島阿波おどり空港
新ターミナルは全面ガラス張りの外観で広々と開放的な雰囲気で、地場産業の LED を各所に使用し環境に配慮した明るい空港になっている。
徳島阿波おどり空港の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 979 Kbyte)
徳島が世界に誇る阿波おどりのモチーフを施設内の随所に用いているが、この日はマチ アソビが終わったばかりで、アニメやゲームの展示の方が目立った。

1階には、空港会社カウンター、到着ロビー、手荷物受取所、総合案内所がある。。2階には、利用客向けの会議室、特別室がある。3階には、出発ロビー、エアポートラウンジ、各種土産物店、飲食店、展望デッキがある。

飛行場の開設は 1941 年(昭和 16 年)に遡る。終戦に伴い米軍に接収されるが、1958 年(昭和 33 年)に海上自衛隊徳島航空隊が発足し、対潜哨戒機の航空基地になった。1962 年(昭和 37 年)、民間向けの飛行場となり、羽田、伊丹、高知空港への便が開設された。
現在、羽田、福岡、新千歳への発着便がある。また、海上自衛隊徳島航空基地、陸上自衛隊北徳島分屯地が置かれている。

交通アクセス

【バス】
  • JR 徳島駅からリムジンバス、約 30 分、440 円
  • JR鳴門駅から路線バス、約 20 分、270 円
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:徳島阿波おどり空港
阿波踊り 関連

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header