浦佐駅と田中角栄の像

2017年12月31日 撮影
浦佐駅
浦佐駅(新潟県南魚沼市浦佐 719-2)は、上越新幹線と JR 上越線の接続駅となっている。新幹線は高架 2面2線、在来線は地上 2面4線となっている。
1923 年(大正 12 年)9 月に開業。1981 年(昭和 56 年)11 月、上越新幹線開業に備えて新駅舎が運用を開始。
田中角栄の像 - 浦佐駅
東口前の広場には、田中角栄の像が建っており、左手をポケットにつっこみ、右手を「よっ」という感じで上げた独特のポーズで、越後三山を見上げている。雪が積もらないように屋根が設けられている。

浦佐駅は、特急が 1 日 1 往復と一部の急行が停車するだけの小さな駅だった。大和町は、街づくりの核にすべく、積極的に新幹線の誘致を進め、大和町を選挙区(旧・新潟 3 区)とする田中角栄がバックアップしたともいわれている。

この像は 1985 年(昭和 60 年)10 月に完成した。田中角栄が脳梗塞で倒れた 7 ヶ月後のことだった。越山会の幹部でつくる田中角栄先生銅像建設期成会が、その功績をたたえ、さらなる尽力を願い、魚沼地区で一般家庭などからも資金を集めをしたという。
田中角栄の像 - 浦佐駅の大きな写真大きな写真
(1155×1920 ピクセル, 551 Kbyte)

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:浦佐駅

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header