ボーイング 747-400D(ANA)の愛称は「テクノジャンボ」

1970年代以降の大量輸送を支えた名機
ボーイング 747-400D、通称「テクノジャンボ」は、1990 年(平成 2 年)に就航した世界最大の旅客機である。
全長70.7m、全幅 64.4m、全高19.4m。巡航速度 910km/h。最大離陸重量は 395 トン。ANA 国際線仕様では 569 席を有する。
洋上の夕陽
沖縄に向かう機内から美しい夕陽が見える。

ボーイング 747 は、2014 年(平成 26 年)3 月 31 日 12 時 35 分の那覇空港発羽田行きを運航を最後に、日本の旅客航空会社から姿を消した。
ボーイング747 関連
(この項おわり)
header