上野動物園モノレールは東京都交通局の運営

2001年5月31日にリニューアル開業
上野動物園モノレール(40形)
2001年9月22日 上野動物園 写真:パパぱふぅ
上野動物園モノレールは、正式名称を上野懸垂線といい、1957年(昭和32年)12月17日、日本で最初に開業したモノレールである。

線路延長は331メートル、乗車時間はわずか1分30秒だが、動物園の遊技施設ではなく、鉄道事業法に基づく交通機関として、東京都交通局の運営により営業運転を行っている。
上野動物園モノレール(40形)
2001年9月22日 駅 写真:こぱふぅ
2001年(平成13年)5月31日にリニューアル開業し、車両は4代目となった。定員62人の2両編成で、年間約100万人を運んでいる。

1本のアームでレールにぶら下がる国内唯一の特殊な車両で、車体のひずみが出やすく、2018年(平成30年)末の定期検査で劣化が進んでいることが確認された。
このため、東京都は2019年(令和元年)11月1日から運行を休止すると発表した。
新車両の更新に多額の費用が必要で時間もかかるため、東園と西園を往復する電気自動車を無料で走らせるなど暫定措置を執る方針だ。
(この項おわり)
header