高尾山ケーブルカーは日本一の急勾配

2001年11月2日撮影
高尾山ケーブルカー
2001年11月2日 高尾山 写真:パパぱふぅ
高尾山ケーブルカーは、高尾登山電鉄株式会社が運営するケーブルカーで、高尾山の麓から中腹(清滝)までを結ぶ。1921 年(大正 10 年)9 月 29 日に開業した。
現在の車両(もみじ、あおば)は、1968 年(昭和 43 年)にデビューした。写真はもみじ
高尾山ケーブルカー
2001年11月2日 高尾山 写真:パパぱふぅ
勾配長は 1,020 メートル、高低差 271 メートル、所要時間6 分と短いが、最大勾配は 60.8%と、ケーブルカーの線路では日本一の急勾配だ。

季節のハイキング客を運ぶほか、夏場はビアガーデンへ行くお客さんを運ぶ。
高尾山ケーブルカー
2001年11月2日 高尾山 写真:パパぱふぅ
対向車の、あおばが見える。

高尾山の年間の登山者数は 260 万人を超え、富士山やエベレストを遥かに越えて、世界一の登山者数を誇る。
これほどまでに登山客が多い理由として、都心から電車で 1 時間ほどで到着し、ケーブルカーが利用できるということが大きい。
高尾山ケーブルカー
2016年11月25日 高尾山 写真:こぱふぅ
2008 年(平成 20 年)12 月 23 日から 4 代目となる車両(京王重機整備製)が導入された。これにともない、12 月 8 日から 22 日まで運休した。

先代の愛称だった「もみじ」と「あおば」を引き継いだ。こちらは 4 代目・もみじ
高尾山ケーブルカーの大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1835 Kbyte)
高尾山ケーブルカー
2016年11月25日 高尾山 写真:こぱふぅ
こちらは 4 代目・あおば

高尾山は、毎年 11 月中旬から下旬にかけ、燃えるように鮮やかなモミジが山頂から谷いっぱいに広がる。
高尾山ケーブルカーの大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1676 Kbyte)
高尾山ケーブルカー
2016年11月25日 高尾山 写真:こぱふぅ
京王線・高尾山口駅から歩いて 5 分で、山麓の清滝駅 (きよたきえき) に到着する。標高201 メートルである。
高尾山ケーブルカーの大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1128 Kbyte)
高尾山 関連
(この項おわり)
header