都電荒川線 8500形は28年ぶりの新型車両

制御装置に初めてVVVFが採用
都電荒川線 8500形
2004年6月5日 荒川車庫 写真:こぱふぅ
都電荒川線 8500 形は、1990 年(平成 2 年)にデビュー。都電としては 28 年ぶりの新型車両である。制御装置に初めて VVVF が採用された。
当初はワンハンドルであったが現在はツーハンドルに変更されている。最高速度 40km/h。定員 64 名。


2006 年(平成 18 年)4 月 2 日のフジテレビ系アニメスペシャル番組「走れ!両津式チンチン電車」の放映に合わせ、3 月 23 日から 9 月 30 日まで、こち亀のラッピング電車が走った。
路面電車は、一人の運転手で運ぶことができる乗客数が少ないため、経営面で考えると実は効率が悪い。
そんな中、都電荒川線は営業係数(100 円の運賃収入を得るために必要な経費)が 99.1 円(東洋経済、2010 年(平成 22 年)4 月 3 日号)と、なんとか黒字を確保している。
都電荒川線 関連
(この項おわり)
header