ゆいレールは日本の最西端・最南端を走る

那覇空港駅と首里駅とを結ぶ
ゆいレール
2005年7月24日 那覇空港駅 写真:パパぱふぅ
ゆいレールの正式名称は、沖縄都市モノレール線。沖縄県那覇市の那覇空港駅と首里駅とを結ぶモノレールである。沖縄都市モノレール株式会社が運営する。
「ゆいレール」の「ゆい」は、沖縄の言葉の「ゆいまーる」(「助け合い」の意味)からとられたものである。

車両は、沖縄を象徴する色として、首里城の伝統的な本朱塗りの赤を基調としたシンボルカラー赤のラインを配し、黒のラインからグレーヘと色彩を変化させることにより、車体を軽くまた長く見せている。
那覇空港駅
2005年7月24日 那覇空港駅 写真:パパぱふぅ
車体は、塩害対策及び車両の軽量化を図るため、アルミニウム合金製で、床下ギ装機器はスカートで被い、台車廻りに防音カバー等を設けるなど低騒音化を図っている。

那覇空港駅は東経127 度 39 分 8秒にあり、日本最西端の駅である。その次の赤嶺駅は北緯26 度 11 分 36秒にあり、日本最南端の駅である。
沖縄本島では、大正時代には軽便鉄道や路面電車、馬車鉄道が開業した。しかし、昭和初期にはバスの利用が多くなり廃止される路線が相次ぎ、残った路線も太平洋戦争で破壊されてしまった。
米軍の統治下では道路整備が優先され、鉄道は復旧されなかった。
その後、1982 年(昭和 57 年)9 月に運営主体となる第三セクター「沖縄都市モノレール株式会社」が設立された。しかし、モノレールの着工までは、さらに時間を要する。
1994 年(平成 6 年)に沖縄県、那覇市、バス会社とのあいだで基本協定や覚書が締結され、1996 年(平成 8 年)11 月に軌道本体の工事に着手した。
2003 年(平成 15 年)8 月 10 日、那覇空港~首里間が開業した。1 日、2 日、3 日のフリー乗車券があり、2005 年(平成 17 年)4 月に値下げがされ、1 日フリー乗車券は大人 600 円である。那覇を観光するには便利である。
ゆいレール関連
(この項おわり)
header