電子マネーになった「Suica」

2003年12月 入手
Suica
Suicaが電子マネー対応になった。

当初、 VIEW カードを組み込んだ Suica に限って電子マネー機能を提供するという規格だったが、これでは限界が見えたのか、通常の Suica に電子マネー機能が盛り込まれた形だ。
電子マネー対応 Suica は初代 Suica に比べてセキュリティ面が強化されており、カード右側にペンギンと電子マネー対応のロゴが刷り込まれている。

初代 Suica からの交換は無料とのことなので、早速交換してもらった。
当初、利用できる店舗数が少なかったのだが、最近ではNEWDAYSなら利用できるようになってきた。いちいちカバンから財布を取り出す必要がないのは便利である。

ANA機内販売に対応

2014 年(平成 26 年)10 月 1 日から、ANA 国内線機内販売で Suica を使った支払いができるようになる。

システムは、ANA とキヤノンマーケティングジャパンが共同で開発。キヤノン MJ は、電子マネーや非接触IC クレジットカードなどの決済に対応するキヤノン製ハンディターミナルを活用し、その場で決済と POS できるシステム基盤を開発した。

ビッグデータ活用に不安の声

2013 年(平成 25 年)6 月 27 日、日立製作所は Suica の乗降履歴をビッグデータとして活用し、駅エリアマーケティング情報として提供するサービスを開始すると発表した。(プレスリリース
ネットでは、「行動を監視されているようで気持ち悪い」などといった不安が広がっている。

日立がサービスする「駅利用状況分析リポート」は毎月定期的に提供され、駅の利用者の性年代構成をはじめ、滞在時間、乗降時間帯や独自に分析した利用目的(訪問者/居住者など)などを可視化し、平日・休日別に報告するというもの。
個人情報を含まないとしているが、どんなデータを集めてどう扱っているのか不透明であるため、行動を監視されているようで気持ち悪いという声が出ているもの。

こうした批判を受け、JR 東日本は 7 月 25 日、事前の説明がなかったことについて謝罪し、希望者はデータ提供から除外できるようにした。また、「Suica に関するデータの社外への提供についてよくいただくお問い合わせ」を公開した。

8 月 29 日現在、履歴提供拒否をした利用者は 3 万 45 件にのぼる。
JR 東日本は、外部提供を希望しない利用者のデータを削除したうえで、9 月 25 日以降に提供を再開する予定だ。外部提供を希望しない利用者の申し出は、9 月 25 日まで上述サイトまたは電話で受け付けている。

JR 東日本は、Suica データの社外提供の再開を当面見送ると発表。9 月 25 日までとしていたデータ提供からの除外申請についても引き続き受け付けるという。

2014 年(平成 26 年)3 月 20 日、JR 東日本は有識者会議の中間報告を公表し、「事前に十分な説明や周知を行わなかったことなど利用者への配慮が不足していた」とし、引き続きデータ提供を見送るとしました。

Amazonでも利用可能に

2013 年(平成 25 年)2 月 19 日、Amazon.co.jp での代金支払い方法として、Suica ネット決済が利用できるようになった。
モバイル Suica の利用者であれば、事前の手続きなく利用が可能。クレジットカード登録が不要の EASY モバイル Suica でも利用できる。Suica カードの場合には、Felica ポート/パソリと Suica 付きビューカードが必要となる「Suica インターネットサービス」への事前登録が必要となる。

共通化の軌跡

2004 年(平成 16 年)8 月からは JR西日本の IC カード「ICOCA」(イコカ)と共用できるようになった。

2010 年(平成 22 年)3 月 13 日、SUGOCA(JR 九州)、nimoca(西日本鉄道)、はやかけん(福岡市交通局)で相互利用サービスがはじまった。1 枚の Suica で、これらの鉄道各社の乗車券と電子マネー機能が利用できるようになった。

2013 年(平成 25 年)3 月 23 日、JR 各社と主要私鉄など 11社それぞれが発行する 10種類の IC カード乗車券について、相互利用を始める。2012 年(平成 24 年)12 月 1 日時点の発行枚数は計約 8009 万枚。
全国の 4275駅で利用できるようになるが、例えば東京で乗車して名古屋で降りるなど、エリアをまたがった利用はできない。
この連携で、電子マネー機能は全国約 20 万店舗で利用できるようになる。
Suica の登場から 10 年で、ようやく IC カード乗車券が統一される。

参考サイト

(この項おわり)
header