京阪 600形電車は1984年導入の冷房車

石山ともかが運転する
京阪 600形電車
2014年8月14日 坂本駅 写真:こぱふぅ
京阪 600 形電車は、老朽化が進んでいた大津線の車両を置き換えるために 1984 年(昭和 59 年)から導入が始まった路面電車である。大津線発の冷房車両だ。定員は 95 人。
京阪 600形電車の大きな写真大きな写真
(2560×2156 ピクセル, 3385 Kbyte)
京阪 600形電車
2014年8月14日 坂本駅 写真:こぱふぅ
1993 年(平成 5 年)から架線電圧の 1500V 昇圧対応改造が行われ、700 形と同じ性能になった。さらに 2003 年(平成 15 年)10 月からはワンマン運転が始まった。

2013 年(平成 25 年)には大津線100 周年を記念し、写真の 603編成が京阪本線の旧特急色に塗装された。
京阪 600形電車の大きな写真大きな写真
(1616×2560 ピクセル, 2573 Kbyte)
鉄道むすめ 石山ともか
2014年8月14日 坂本駅 写真:こぱふぅ
大津線の鉄道むすめは石山ともかである。「石山寺駅」と、「坂本駅」を逆さに読んで「石山ともか」。

大津線の運転士。物静かな性格だが、非常に努力家。あらゆる事で、常に 1番を目指して努力している。アニメ・コミックが好きで、ラッピング電車が運行されると原作をチェックしてハマる事も。好きな食べ物は、おでん――という設定だ。
京阪600形 関連
(この項おわり)
header