エアバスA320(ANA) は運航コストの削減を実現

エアバス A320(ANA)
2015年10月3日 能登空港 写真:パパぱふぅ
エアバス A320、1987 年(昭和 62 年)にデビューした近・中距離向けのジェット旅客機である。ANA では 1991 年(平成 3 年)に就航した。
エアバス A320(ANA)の大きな写真大きな写真
(1920×1087 ピクセル, 576 Kbyte)
全長37.6m、全幅 34.1m、全高1.8m。巡航速度 840km/h。最大離陸重量は 67 トン。ANA 国内線仕様では 166 席である。

エアバス社は A300 の成功を受け、ボーイング 737 規模の航空機の開発に乗り出し、A300 をリリースした。

2 基あるターボファンエンジンは、CFM インターナショナルとインターナショナル・エアロ・エンジンズから選択が可能で、ANA 機は CFM インターナショナルの CFM56 を利用している。

従来の操縦システムでは、パイロットが操縦桿やラダーペダルに与えた入力を機械的に油圧式アクチュエーターに伝え、補助翼・昇降舵・方向舵などを動かしていた。A320 では、民間旅客機として初めてデジタルフライ・バイ・ワイヤ飛行制御システムを導入し、電気信号によって油圧式アクチュエーターを動かすことが出来る。これにより運航コストの削減を実現し、操縦桿に代わりサイドステックを採用した。
また、航空機関士が不要のコクピットクルー 2 人制を実現している。
エアバスA320 関連

参考サイト

(この項おわり)
header