東京モノレール 10000形はJR東日本の電車のよう

無線LANも利用可能
東京モノレール 10000形
2016年11月12日 写真:こぱふぅ
東京モノレール 10000 形は、老朽化した 1000 形の置き換えを目的に、2000 形を基本に「スマートモノレール」をコンセプトにし、開業 50 周年を迎える 2014 年(平成 26 年)7 月にデビューした。営業最高速度は 80km/h。
東京モノレール 10000形の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1570 Kbyte)
東京モノレール 10000形
2015年10月3日 浜松町駅 写真:パパぱふぅ
ボディカラーは、沿線の特徴である豊かな緑をイメージしたグリーンと、空と水をイメージしたスカイブルーとブルーをグラデーションで帯状に配したカラーリングにしている。
東京モノレール 10000形の大きな写真大きな写真
(1480×1920 ピクセル, 720 Kbyte)
東京モノレール 10000形
2016年11月12日 浜松町駅 写真:パパぱふぅ
制御装置には VVVF インバータを採用し、半導体素子は IGBT とした。ヘッドライトや室内灯は LED を採用している。
東京モノレール 10000形の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1592 Kbyte)
東京モノレール 10000形
2015年10月3日 浜松町駅 写真:パパぱふぅ
安全性向上に加え冷房能力を高めるため、車両間の仕切りとしてガラスドアを採用し、車内の快適性向上を図るなど省エネルギー性、環境性にもこだわり、最新技術を積極的に採用している。
東京モノレール 10000形
2015年10月3日 浜松町駅 写真:パパぱふぅ
車内に入った第一印象は、JR 東日本の電車に似ている。平らな通路が確保されている。
先頭車はセミクロスシートとロングシート、中間車はクロスシートとロングシート、簡易シートを設けた。クロスシートの間隔は、1000 形に比べ約 20%拡大している。
東京モノレール 10000形
2015年10月3日 浜松町駅 写真:パパぱふぅ
すべてのドアに 17 インチワイド液晶ディスプレイを設置され、4 カ国語で案内表示する。左側のスペースには広告画面が設置される予定だ。
また、公衆無線LAN による高速インターネット環境も提供している。
開閉可能な窓を増やし、換気性能を 1000 形に比べ約 2 倍向上させた。

客室内は座席や車両間貫通扉などに、『和』のおもてなしを演出するデザインを採用。座席配置は景観を意識したものとした。

バッテリーの持続時間を従来の 2 倍に引き上げ、長時間の間停電が起こっても対応できるようにした。
東京モノレール 10000形
2015 年 10 月 3 日 浜松町駅 撮影:パパぱふぅ
発車時には、VVVF インバータ特有の音が聞こえる。
東京モノレール 関連

参考サイト

(この項おわり)
header