15トンB型ディーゼル機関車とアルミナタンク車

2019年3月19日撮影
15トンB型ディーゼル機関車
2019年3月19日 旧三保駅 写真:こぱふぅ
15 トン B 型ディーゼル機関車は、1984 年(昭和 59 年)4 月に廃止された国鉄清水港線 (しみずこうせん) で、清水運送が貨物車両の牽引、入換え用として運用していた。
15トンB型ディーゼル機関車の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2177 Kbyte)
15トンB型ディーゼル機関車
2019年3月19日 旧三保駅 写真:こぱふぅ
自重15 トン、幅 2.74 メートル、高さ 3.37 メートル最大速度 15km/h。1970 年(昭和 45 年)に日本車輌製造で製造された。
旧三保駅の跡地公園に、アルミナタンク車とともに静態展示されている。
アルミナタンク車
2019年3月19日 旧三保駅 写真:こぱふぅ
日本軽金属が清水工場からアルミナを輸送するために使ったタンク車。高張力アルミニウム合金製で軽く、自重は 13.8 トン。幅 2.63 メートル、最大高3.79 メートル、全長14.4 メートル。日本初の空気式排出装置を搭載し、4.0 トンのアルミナを約 20 分で排出することができた。1959 年(昭和 34 年)~1967 年にかけて製造された 33 両のうちの 1 つ。

参考サイト

(この項おわり)
header