台湾鉄路管理局EMU800型電車は台湾車輛が製造

2014年1月に営業運転開始
台湾鉄路管理局EMU800型電車
2019年9月17日 瑞芳駅 写真:こぱふぅ
台湾鉄路管理局 EMU800 型電車は、台湾の通勤用電車で、日本車輌製造が 2編成 16 両のプロトタイプを製造し、その後、台湾車輛が日本車輌製造と提携して残りの 41編成 328 両を製造。2014 年(平成 26 年)1 月に営業運転を開始した。

車体はステンレス鋼。営業最高速度は 130km/h。定員は約 1,470 人で、当初はセミクロスシートだったが、その後、ロングシートに変わっている。
台湾鉄路管理局EMU800型電車の大きな写真大きな写真
(2107×2560 ピクセル, 1770 Kbyte)
台湾鉄路管理局EMU800型電車
2019年9月17日 瑞芳駅 写真:こぱふぅ
2017 年(平成 29 年)夏、JR 四国と台湾鉄路管理局において、同名駅の松山を縁に締結した鉄道友好協定 1 周年を記念して、当形式と JR 四国 8000 系電車の塗装を交換したラッピング車両を双方で走らせている。

参考サイト

(この項おわり)
header