JR四国 121系は四国の電化に合わせて登場

最高速度は100km/h

予讃線

予讃線 121系
2013年12月14日 鬼無~端岡駅間 写真:こぱふぅ
121 系電車は、国鉄分割民営化直前の 1987 年(昭和 62 年)、予讃本線や土讃本線が四国の国鉄路線として初めて電化されるのに合わせて製造されたものである。最高速度は 100km/h。

ステンレス製の車体は無塗装で、JR 四国のコーポレートカラーである水色(青色26 号)の帯を配している。2 両編成。
予讃線 121系の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 554 Kbyte)
予讃線 121系
2013年12月14日 高松駅 写真:こぱふぅ
前面には貫通扉を備えている。車体幅は 205 系と同じ 2,800mm である。

当時の国鉄の財政事情を反映し、台車および主幹制御器などの各種機器については、廃車車両の発生品を流用している。
予讃線 121系の大きな写真大きな写真
(1920×1807 ピクセル, 711 Kbyte)

土讃線

土讃線 121系
2013年12月15日 善通寺駅 写真:こぱふぅ
新製時に配された赤14 号の帯のままの車体もある。
土讃線 121系の大きな写真大きな写真
(1920×1576 ピクセル, 716 Kbyte)
121系 関連
(この項おわり)
header