京王線 6000系は初の20メール級4扉車

2011年3月に引退
京王線 6000系
2006年5月28日 調布駅 写真:ままぱふぅ
6000 系は 1972 年(昭和 47 年)にデビューした京王電鉄初の 20 メートル級4 扉の全鋼車である。都営地下鉄新宿線乗り入れを前提に設計された。

2011 年(平成 23 年)3 月に引退した。
京王線 6000系の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 384 Kbyte)
京王線 6000系
2007年2月4日 写真:こぱふぅ
京王線では初めて電気指令式ブレーキを採用し、主幹制御器がブレーキハンドルと一体化されたワンハンドルマスコンとなった。

5000 系のアイボリーを受け継いでいる。
都営新宿線に乗り入れている車両で、8,6,5,3,2両編成がある。
京王線 6000系
2007年2月4日 調布駅 写真:こぱふぅ
最近は特急などの運用は減ったが、各駅停車として頑張っている。
京王線 6000系
2014年11月4日 京王れーるランド 写真:こぱふぅ
定員 150 人(座席定員 56 人)、空車重量40.5t、全長20m。

写真の 6438 号車は、1989 年(平成元年)3 月に営業運転を開始し、1993 年(平成 5 年)7 月に地下鉄乗り入れ車両として改造された。2009 年(平成 21 年)6 月の引退まで、約 20 年間運転された。
京王線 6000系の大きな写真大きな写真
(1747×2560 ピクセル, 1864 Kbyte)
京王線 6000系
2010年12月17日 多摩動物公園駅 写真:こぱふぅ
動物公園線は、多摩動物公園へのアクセスのため昭和 39 年に開業した。本線の高幡不動駅から 1駅、2 キロの区間である。
平成 12 年にはワンマン運転が始まった。
京王線 6000系の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 313 Kbyte)

動物園線

京王線 6000系
2011年1月23日 多摩動物公園駅 写真:こぱふぅ
1991 年(平成 3 年)には、ラッシュ時対応のための 5 扉車が製造された。
しかし 5 扉車の評判は芳しくなく、そのうち 1編成(6022F,クハ 6772)が動物公園線に配置換えになった。4 両編成にされ、ワンマン化に伴う変更が施されている。通勤時間帯以外は 6000 系・ 6022F が 1 時間に 3 本運転されている。
京王線 6000系
2011年1月23日 多摩動物公園駅 写真:こぱふぅ
6000 系は、京王の車両で初めてワンハンドル式主幹制御器を採用した。低運転台で黒色になっている。

乗務員室と客室の仕切り部は中央に乗務員室扉、左右に窓が配されており、すべて遮光幕を設置している。
京王線 6000系
2010年12月17日 多摩動物公園駅 写真:こぱふぅ
側面にはラッピングが施されている。
京王線 6000系
2010年12月17日 多摩動物公園駅 写真:こぱふぅ
通勤時間帯以外は 6000 系・ 6022F が 1 時間に 3 本運転されている。
京王線関連
(この項おわり)
header