阪神電鉄 9000系は設計から製造まで約1年

阪神・淡路大震災で被災した車両を補充
阪神電鉄 9000系
2004年2月4日 阪神梅田駅 写真:パパぱふぅ
阪神電鉄9000 系電車は 1996 年(平成 8 年)にデビューした。

1995 年(平成 7 年)に起きた阪神・淡路大震災で、阪神電車の当時最新鋭の8000 系を含む 41 両が廃車となってしまった。
昭和 40 年代以降、阪神電車は一貫して自社の武庫川工場で車両を製造していたが、その製造能力に限界があるため、急遽、川崎重工へ新造車両が発注された。設計から製造まで約 1 年という短期間で登場したのが 9000 系である。
工期短縮とコスト削減を図るため、車体はオールステンレス製で阪神電車にとっては珍しい車体であるが、その後の標準とはなっていない。
阪神電鉄 関連
(この項おわり)
header