広島電鉄 5100形の愛称は「グリーンムーバーマックス」

純国産超低床路面電車
広島電鉄 5100形「グリーンムーバーマックス」
2006年7月24日 広島駅 写真:こぱふぅ
広島電鉄 5100 形は、2004 年(平成 16 年)にデビューした路面電車で、「グリーンムーバーマックス」の愛称で呼ばれている。2005 年(平成 17 年)にグッドデザイン賞を、2006 年(平成 18 年)に鉄道友の会ローレル賞を受賞した。
近畿車輛、三菱重工業、東洋電機製造、広島電鉄の 4社が共同開発した初の純国産超低床路面電車である。5000 形に比べコストを抑え、乗車定員も増えている。5000 形と同じ 5連接車両で、全長は軌道法の上限である 30 メートルに抑えられている。
広島電鉄 関連
(この項おわり)
header