東武鉄道 50050系はダブルスキン構造

2006年3月にデビュー
東武鉄道 50050系
2007年3月8日 東急長津田駅 写真:こぱふぅ
東武鉄道 50050 系電車は、2006 年(平成 18 年)3 月、30000 系に代わって地下鉄半蔵門線と東急田園都市線直通車両としてデビューした。

日立製作所の鉄道車両製作システム「A-train(Advanced ・ Amenity ・ Ability ・ Aluminum))」によって製造された、ダブルスキン構造を持つアルミ車体である。
東武鉄道では、すでに「スペーシア」100 系がアルミ車体を採用していたが、通勤車で採用したのは 50000 系が初めてだ。
ドア開閉システムにはリニアモーター方式を、窓には紫外線を 96%カットするグリーンガラスを採用している。
東武鉄道 関連
(この項おわり)
header