伊予鉄道 700系は京王線の車体に狭軌の台車を組み合わせ

1987年から1994年にかけて導入
伊予鉄道 700系
2007年8月1日 梅津寺駅付近 写真:こぱふぅ
伊予鉄道 700系
2007年8月1日 梅津寺駅付近 写真:ままぱふぅ
伊予鉄道 700系
2007年8月1日 梅津寺駅付近 写真:こぱふぅ
伊予鉄道 700 系電車は、1987 年(昭和 62 年)から 1994 年にかけて、京王帝都電鉄5000 系電車を改造・購入した車両である。どうりで見たことがある形である。3 両または 2 両編成。
京王線の軌間が 1,372mm であるのに対して伊予鉄道の軌間は 1,067mm であるため、台車は改軌していたり、東武や小田急の廃品を再利用している。
伊予鉄道の創業者・小林信近は、イギリス人技師から教えを受け、小資本でも建設できる鉄道として軌間762mm の軽便鉄道を採用した。1887 年(明治 20 年)に伊予鉄道を設立し、四国初の、そして私鉄としては日本鉄道(半官半民)・東京馬車鉄道・阪堺鉄道に次ぐ日本で 4番目の鉄道として、松山 - 三津間を 1888 年(明治 21 年)10 月に開業させた。

当時の列車を再現したのが、市内軌道線を走る坊っちゃん列車である。なお、当時の当時の機関車と客車は、梅津寺パーク内に保存・展示されている。
伊予鉄道 関連
(この項おわり)
header