西武鉄道 旧101系は急勾配に対応

西武秩父線の開業時にデビュー

西武多摩川線

旧101系 - 西武多摩川線
2010年11月9日 武蔵境駅 写真:こぱふぅ
西武鉄道の旧 101 系は、1969 年(昭和 44 年)、西武秩父線の開業時にデビューした 3 ドアの通勤形電車である。1976 年(昭和 51 年)までに 278 両が製造された。
旧101系 - 西武多摩川線の大きな写真大きな写真
(1200×1600 ピクセル, 280 Kbyte)
急勾配に対応した主電動機や抑速ブレーキを備えており、秩父線の山岳区間の運転からラッシュ輸送まで幅広く対応可能で、往時には西武戦のほとんどの路線で運用されていた。
車体の色は、それまでの赤電(ローズレッドとベージュ)から一新し、秩父線の緑に映えるように、黄色とベージュのツートンカラーで登場した。その後、黄色1色に変更している。

2010 年(平成 22 年)には、その多摩川線でも新 101 系への移行が進み、2010 年(平成 22 年)11 月 9 日、最後の編成がひっそりと引退した。これで多摩川線から黄色い電車は姿を消す。
旧101系 - 西武多摩川線
2010年11月9日 武蔵境駅 写真:こぱふぅ
西武鉄道では、11 月 3 日から 9 日まで感謝の意味を込め、「ありがとう黄色い電車」「さよなら黄色い電車」の文字を記した丸いヘッドマークを付けて運行した。
この一連の写真は、営業運転最後の日に撮影したものである。
旧101系 - 西武多摩川線
2010年11月9日 武蔵境駅 写真:こぱふぅ
最後まで残った 223 号編成(4 両編成)は、1976 年(昭和 51 年)に西武所沢車両工場で新造され、西武池袋線・西武秩父線で活躍したのち、ワンマン改造が施され、1996 年(平成 8 年)4 月から多摩川線で運用されてきた。

車体には、2007 年(平成 19 年)3 月まで使われていた同社の旧シンボルマーク(西武の「西」をモチーフにしている)があしらわれている。野球のボールのようでもある。
西武多摩川線
2010年11月9日 武蔵境駅 写真:こぱふぅ
西武多摩川線は、武蔵境駅(東京・武蔵野市)と是政これまさ駅(府中市)を結ぶ 8.0km の路線で、かつては是政線と呼ばれていた。

その前身は、1917 年(大正 6 年)10 月 22 日に武蔵境-北多磨(現・白糸台)駅間に開業した多摩鉄道である。1922 年(大正 11 年)6 月 20 日に是政駅まで全通し、1927 年(昭和 2 年)8 月 30 日に西武鉄道に吸収された。
西武多摩川線
2010年11月9日 武蔵境駅 写真:こぱふぅ
多摩川線には、西武鉄道の保線・整備職員が在籍していないため、車両の大規模な検査・整備を行う際は、JR線を経由して西武所沢工場や武蔵丘車両検修場へ回送している。

JR 中央線の高架化にともない、多摩川線の武蔵境駅は 2006 年(平成 18 年)12 月に高架になっている。右側に折れる線路が JR 中央線への接続線である。
旧101系
2017年11月11日 横瀬車両基地 写真:こぱふぅ
最後まで残った 223 号編成の 1 両が横瀬車両基地で保存されている。
旧 101 系で床下も含めた完全な姿で残されているのはこの 1 両しかないという。旧ツートン塗装に戻している。
旧101系の大きな写真大きな写真
(1442×1920 ピクセル, 849 Kbyte)
西武線101系 関連
(この項おわり)
header