岡山電気軌道 9200型の愛称は「MOMO」

ボンバルディア社のLRVをベース
岡山電気軌道 岡軌9200型「MOMO」
岡軌9200 型は、岡山電気軌道(岡山県岡山市岡南町1-14-41)の路面電車で、「桃太郎」と岡山の名産「モモ」からMOMOの愛称が付いている。2車体連接のノンステップ車両である。

ボンバルディア社の LRV を基本に、1 次車(9201、愛称:MOMO)が 2002 年(平成 14 年)に新潟鐵工所で、2 次車(1011、愛称:MOMO2)が 2011 年(平成 23 年)に新潟トランシスでそれぞれ製造された。

パンタグラフはシングルアーム式で、岡山電気軌道伝統の石津式パンタグラフを唯一装備していない車両である。
JR線乗り入れを考慮し、設計最高速度は 70km/h であるが、現状は 45km/h で速度リミッターが作動する。
メンテナンスに配慮して、制御機器(IGBT-VVVF インバータ)や空調機器では国産部品(三菱電機製)を使用している。
岡山電気軌道 関連
岡山電気軌道 岡軌9200型「MOMO」
車両デザインは、九州新幹線「つばめ」800 系などのデザインでも知られる水戸岡鋭治 (みとおかえいじ) だ。水戸岡は岡山市吉備津の出身で、岡山県立岡山工業高校卒業後、デザインの道を進んでいる。この電車のデザインは、出身地の活性化に向けたボランティアと位置づけている。
「つばめ」同様、座席や床材などに木などの自然素材をふんだんに使っているのが特徴である。

2002 年(平成 14 年)に国土交通省の第1 回日本鉄道賞、2003 年(平成 15 年)に鉄道友の会ローレル賞を受賞した。
岡山電気軌道は、岡山市内で 2路線の路面電車と路線バス・貸切バスを運営している企業で、両備グループの中核会社の一つである。愛称は岡電 (おかでん) で、創立は 1910 年(明治 43 年)6 月。

岡山電気軌道の路面電車の型式の上位 2 桁は、その車両の製造年から創立年を引いた数字という独自の銘々ルールがある。
【撮影場所:城下停留場】
【写真:こぱふぅ
(この項おわり)
header