近畿日本鉄道 12400系は居住性を向上

愛称は「サニーカー」
近畿日本鉄道 12400系 「サニーカー」
2014年8月12日 伊勢市駅 写真:こぱふぅ
近鉄 12400 系電車は、4 両編成の汎用特急車両で、1977 年(昭和 52 年)12 月に完成した。1978 年(昭和 53 年)、鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞した。
12200 系をベースに、最初から 4 両編成として設計することで、社内販売準備室、化粧室等が合理的な配置となり、客室の居住性が向上している。
12200 系に比べて正面の塗り分けラインが変わり、特急マークを特急標識と電動式の行先表示装置との一体型に変更している。
近畿日本鉄道 12400系 「サニーカー」の大きな写真大きな写真
(2560×2576 ピクセル, 4272 Kbyte)
近畿日本鉄道 12400系 「サニーカー」
2014年8月12日 伊勢市駅 写真:こぱふぅ
客室は全体を太陽のように明るいイメージとなるように、白とオレンジ系の色調としている。これをサニートーンと呼んだことから、サニーカーの愛称がついた。
シートピッチは 12200 系と同じ 980mm である。
近畿日本鉄道 12400系 「サニーカー」の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 3219 Kbyte)
近鉄12400系 関連
(この項おわり)
header