京王線 2010系電車はライトグリーン一色

1959年から四半世紀にわたり活躍
京王線 2010系電車
2014年11月4日 京王れーるランド 写真:こぱふぅ
2010 系は、2000 系の改良版として 1959 年(昭和 34 年)に登場した。17m級3 扉全金属製準張殻構造車体。塗装はライトグリーン一色である。

2000 系が全電動車方式であったのに比べ、MT 比 1:1 の経済的な編成を可能としている。2 両編成 16 本で 32 両が製造された。

写真の 2015 号車は 1961 年(昭和 36 年)6 月に運用開始され、1984 年(昭和 59 年)11 月の引退まで約 23 年間運転された。
定員 124 人(座席定員 54 人)、全車重量33t、全長17.68m。
京王線 2010系電車の大きな写真大きな写真
(1817×2560 ピクセル, 2027 Kbyte)
京王電気軌道 400形電車
2014年11月4日 京王れーるランド 写真:こぱふぅ
この編成から、前照灯がシールドビーム 2 灯式に、差し込み式であった行先表示板は電照式の行先表示幕に変更になった。

1984 年(昭和 59 年)に引退したが、一部の車両は伊予鉄道 800 系として活躍している。
京王電気軌道 400形電車の大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 1594 Kbyte)
京王電気軌道 400形電車
2014年11月4日 京王れーるランド 写真:こぱふぅ
車内には扇風機が装備された。
京王電鉄京王電鉄 関連
(この項おわり)
header