南海6200系電車はコスト低減車両

コルゲート板の形状が6000系から変更

泉北高速鉄道

南海6200系電車
2015年7月8日 難波駅 写真:パパぱふぅ
南海 6200 系電車は、6000 系の流れを汲むオールステンレ車両で、車体構造や電装品の見直しによりコスト低減と経済効率の向上をはかり、1974 年(昭和 49 年)にデビューした。

写真の 6503編成は 1980 年(昭和 55 年)3 月に竣工したものである。
南海6200系電車の大きな写真大きな写真
(1532×1600 ピクセル, 840 Kbyte)
南海6200系電車
2015年7月8日 難波駅 写真:パパぱふぅ
設計最高速度は 120km/h である。
車体は軽量ステンレス製で、コルゲート板の形状が 6000 系から変更されている。
南海電気鉄道 関連

参考サイト

(この項おわり)
header