西鉄 7050形はラッシュ時に10両編成に変身

6000・6050形の増結が可能

西鉄大牟田線

西鉄大牟田線 7050形
2016年3月16日 西鉄柳川駅 写真:こぱふぅ
西鉄 7050 形は、7000 形をマイナーチェンジし、2003 年(平成 15 年)3 月に登場した通勤型電車である。600 形の置き換えを目的として 18 両が製造された。2 両固定編成だが、6000 形・ 6050 形と連結運転が可能で、ラッシュ時には 10 両編成となる。

車体そのものは普通鋼製だが、屋根・床・客用扉はステンレス製となっている。ワンマン運転に対応。
西鉄大牟田線 7050形の大きな写真大きな写真
(1597×1920 ピクセル, 1298 Kbyte)
7000 形の 4 扉から 3 扉へと変更し、客室の座席は中央部を 10 人掛け、妻寄を 5 人掛けとしている。
車椅子スペースには、ヒーターが付いている。九州北部には降雪もあるので、それに備えた気配りであろう。

参考サイト

西日本鉄道 関連
(この項おわり)
header