大井川鐵道 クハ600形はアプト区間を走る

井川線(南アルプスあぷとライン)
大井川鐵道 クハ600形
2017年5月4日 千頭駅 写真:こぱふぅ
大井川鐵道 クハ 600 形は、1990 年(平成 2 年)、運転台付きの客車として井川線(南アルプスあぷとライン)に導入された。
大井川鐵道 クハ600形の大きな写真大きな写真
(2560×1070 ピクセル, 1765 Kbyte)
大井川鐵道 クハ600形
2017年5月4日 千頭駅 写真:こぱふぅ
運転台は、牽引用ディーゼル機関車 DD20 形とほとんど同じだが、DD20 形用と、アプト区間を牽引する電気機関車ED90 形用の 2 基の主幹制御器が装備されている点が特徴である。乗務員は、ディーゼル機関車と電気機関車の両方の運転免許が必要だ。

車輪の空回りを避けるため、補助レールに機関車の歯車を噛み合わせて運行するアプト式で運行する唯一の鉄道路線である。
ちなみに、1912 年(明治 45 年)までアプト式だった信越本線の碓氷峠区間でも、最大 66.7‰である。
大井川鐵道 クハ600形の大きな写真大きな写真
(1789×2560 ピクセル, 1560 Kbyte)
大井川鐵道 クハ600形
2017年5月4日 千頭駅 写真:こぱふぅ
井川線は、1935 年(昭和 10 年)、大井川発電所建設のためのトロッコ線として敷かれたもので、途中 90.0‰の急勾配がある。
大井川鐵道 クハ600形の大きな写真大きな写真
(2560×1604 ピクセル, 1632 Kbyte)
大井川鐵道 スロフ300形
2019年3月20日 千頭駅 写真:こぱふぅ
主力客車の スロフ 300 形は、1962 年(昭和 37 年)から製造が始まったアプト区間の主力客車である。
大井川鐵道 スロフ300形
2019年3月20日 千頭駅 写真:こぱふぅ
山間のカーブの多い線路にあわせた小型の客車で、大井川側は二人がけ、通路反対側は一人がけになっている。

参考サイト

大井川鐵道 関連
(この項おわり)
header