大井川鐵道 C11形蒸気機関車は C10形を軽量化

1975年11月に大井川鐵道に編入
大井川鐵道 C11形蒸気機関車
2017年5月4日 川根温泉笹間渡駅~抜里駅間 写真:こぱふぅ
大井川鐵道 C11 形は、鉄道省が 1932 年(昭和 7 年)に設計したタンク式蒸気機関車である。

1930 年(昭和 5 年)に投入されたC10 形は、動軸重量制限の厳しい支線区には投入は難しかった。そこで、1931 年(昭和 6 年)に設計された C54 形のノウハウを流用して軽量化を図った。
大井川鐵道 C11形蒸気機関車の大きな写真大きな写真
(1920×1688 ピクセル, 1725 Kbyte)
大井川鐵道 C11形蒸気機関車
2017年5月4日 川根温泉笹間渡駅~抜里駅間 写真:こぱふぅ
全長12.6 メートル、全高3.9 メートル、総重量は約 66.8 トン。動輪直径は 1.52 メートルで、85km/h の高速運転を可能としている。
大井川鐵道 C11形蒸気機関車の大きな写真大きな写真
(2560×1488 ピクセル, 2628 Kbyte)
写真の 227 号機は 1942 年(昭和 17 年)9 月に竣工し、1975 年(昭和 50 年)11 月に大井川鐵道に編入された。1976 年(昭和 51 年)7 月に営業運転を開始した。

参考サイト

大井川鐵道 関連
(この項おわり)
header