大井川鐵道 ED500形は SL急行の補機として活躍

いぶき500形として1956年デビュー
大井川鐵道 ED500形
2017年5月4日 抜里駅付近 写真:こぱふぅ
大井川鐵道 ED500 形は、1956 年(昭和 31 年)、大阪窯業セメント(現・住友大阪セメント)が伊吹工場専用線で使用するために 2 両を製造した直流用電気機関車である。当時は いぶき 500 形と呼ばれていた。
大井川鐵道 ED500形の大きな写真大きな写真
(2560×1721 ピクセル, 2318 Kbyte)
大井川鐵道 ED500形
2017年5月4日 千頭駅~崎平駅間 写真:こぱふぅ
1999 年(平成 11 年)に専用線が廃止になると、大井川鐵道に譲渡された。中部空港セントレアの埋め立て土砂輸送のため、一時的に三岐鉄道へ貸し出されていた。
現在、E10 形にとともに、SL 急行の補機として活躍している。
大井川鐵道 ED500形の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2360 Kbyte)
大井川鐵道 ED500形電気機関車
2013年7月31日 大和田駅~高熊駅間 写真:こぱふぅ
全長12.6 メートル、全高3.8 メートル、自重50 トン。主電動機出力は 150kW が 4 基。
大井川鐵道 ED500形電気機関車の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1048 Kbyte)

参考サイト

大井川鐵道 関連
(この項おわり)
header