京都丹後鉄道 KTR700形には3色の松

「あかまつ」「あおまつ」「くろまつ」は観光列車

あかまつ

京都丹後鉄道 KTR700形 あかまつ
2017年8月13日 天橋立駅 写真:こぱふぅ
京都丹後鉄道 KTR-700 形は、1989 年(平成元年)、北近畿タンゴ鉄道が導入し、2015 年(平成 27 年)4 月からは京都丹後鉄道(WILLER TRAINS)で使用されている。
京都丹後鉄道 KTR700形 あかまつの大きな写真大きな写真
(2560×1638 ピクセル, 1648 Kbyte)
京都丹後鉄道 KTR700形 あかまつ
2017年8月13日 天橋立駅 写真:こぱふぅ
写真の「あかまつ」は、2013 年(平成 25 年)、JR 九州の観光列車のデザインで名を馳せる水戸岡鋭治 (みとおかえいじ) 氏のデザインによって改装された KTR700 形である。西舞鶴駅と天橋立駅の間を 1 日 2 往復する。
京都丹後鉄道 KTR700形 あかまつの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1639 Kbyte)
京都丹後鉄道 KTR700形 あかまつ
2017年8月13日 天橋立駅 写真:こぱふぅ
全長20.5 メートル、全高4 メートル、自重33.9 トンの軽快気動車で、1 両編成のワンマン運転となっている。
京都丹後鉄道 KTR700形 あかまつ
2017年8月13日 写真:こぱふぅ
水戸岡デザインの列車には、分かりやすいロゴが刻まれる。

乗車には有料の整理券が必要。整理券は座席数分だけ販売しているが、指定席制ではないので、グループ旅行の場合、必ずしも集まって座れるとは限らない。

乗車中、アテンダントがソフトドリンク(無料)を運んできてくれる。
コーヒーを飲みながら、のんびりと若狭湾の景色を眺めると、心が豊かになる。
ビール、おつまりも有料販売している。
京都丹後鉄道 KTR700形 あかまつ
2017年8月13日 天橋立駅 写真:こぱふぅ
車窓から景観を楽しめるよう、海側にはカウンター席が、山側にはソファ席やテーブル席が並んでいる。

また、アテンダントが同乗しており、車窓の景観を案内してくれる。
京都丹後鉄道 KTR700形 あかまつの大きな写真大きな写真
(1491×1920 ピクセル, 1125 Kbyte)
京都丹後鉄道 KTR700形 あかまつ
2017年8月13日 写真:こぱふぅ
ドアの近くにトイレがあるのだが、暖簾で目立たなくなっている。
京都丹後鉄道 KTR700形 あかまつ
2017年8月13日 写真:こぱふぅ
床材、壁材、シートやテーブルから網棚まで木材をふんだんに使った、和を取り入れたモダンデザインのインテリアとなっている。
京都丹後鉄道 KTR700形 あかまつ
2017年8月13日 写真:こぱふぅ
車内販売しているオリジナルグッズやおみやげを展示している。なかなか商売っ気がある。
京都丹後鉄道 KTR700形 あかまつ
2017年8月13日 写真:こぱふぅ
運転席の様子。

先頭車両には乗車スタンプが用意されている。

あおまつ

京都丹後鉄道 KTR700形 あおまつ
2017年8月13日 天橋立駅 写真:こぱふぅ
写真の「あおまつ」は、2013 年(平成 25 年)、あかまつと同時期に改装された KTR700 形である。天橋立駅と福知山駅の間を 1 日 2 往復する。朝の 1 便のみ、西舞鶴駅発である。
京都丹後鉄道 KTR700形 あおまつの大きな写真大きな写真
(1528×1920 ピクセル, 1219 Kbyte)
京都丹後鉄道 KTR700形 あおまつ
2017年8月13日 天橋立駅 写真:こぱふぅ
客室は、あかまつと同様、車窓から景観を楽しめるよう、海側にはカウンター席が、山側にはソファ席やテーブル席が並んでおり、木材をふんだんに使ったインテリアデザインとなっている。
京都丹後鉄道 KTR700形 あおまつの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1668 Kbyte)
京都丹後鉄道 KTR700形 あおまつ
2017年8月13日 天橋立駅 写真:こぱふぅ
なお、あおまつは整理券不要の通常運賃で乗車できる。
京都丹後鉄道 KTR700形 あおまつ
2017年8月13日 天橋立駅 写真:こぱふぅ

くろまつ

京都丹後鉄道 KTR700形 くろまつ
2017年8月13日 豊岡駅 写真:こぱふぅ
写真の「くろまつ」は、2014 年(平成 26 年)に改装された KTR700 形である。デザインとモチーフは、あかまつあおまつと共通だが、「『海の京都』の走るダイニングルーム」をコンセプトに、車内にキッチンを備え、ランチを提供する。要予約で、料金はコースによって異なる。
京都丹後鉄道 KTR700形 くろまつの大きな写真大きな写真
(2560×1657 ピクセル, 1539 Kbyte)
京都丹後鉄道 KTR700形 くろまつ
2017年8月13日 豊岡駅 写真:こぱふぅ
料理の内容や担当シェフは月替わりとなっている。
福知山発、天橋立着では 1 時間半の懐石料理が、天橋立発、豊岡着では約 1 時間のホテルランチが楽しめる。
京都丹後鉄道 KTR700形 くろまつの大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1905 Kbyte)
京都丹後鉄道 KTR700形 くろまつ
2017年8月13日 豊岡駅 写真:こぱふぅ
また、ランチの提供はなく、停車駅にて乗り降り自由の「ライブラリーコース」も用意されている。
京都丹後鉄道 KTR700形 くろまつ
2017年8月13日 豊岡駅 写真:こぱふぅ

丹後ゆめ列車II

京都丹後鉄道 KTR700形 丹後ゆめ列車II
2017年8月13日 天橋立駅 写真:こぱふぅ
2010 年(平成 22 年)3 月、「乗ってみたくなる KTR トレイン・デザイン」コンペ入選作品を KTR709 にラッピングし、丹後ゆめ列車IIとして運行開始した。
京都丹後鉄道 KTR700形 丹後ゆめ列車IIの大きな写真大きな写真
(2560×2371 ピクセル, 2366 Kbyte)

KTR705

京都丹後鉄道 KTR700形
2017年8月13日 丹後由良駅~東雲駅間 写真:こぱふぅ
こちらは一般色の KTR705。
京都丹後鉄道 KTR700形の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2226 Kbyte)

参考サイト

京都丹後鉄道 関連
(この項おわり)
header