黒部峡谷鉄道 ED凸型は黒部川第三発電所建設で活躍

1957年製造、2014年廃止
黒部峡谷鉄道 ED凸型
2017年9月20日 宇奈月駅 写真:こぱふぅ
黒部峡谷鉄道 ED 凸型は、1934 年(昭和 9 年)、黒部川第三発電所建設に備えて製造された東洋電機製の電気機関車である。
黒部峡谷鉄道 ED凸型の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 961 Kbyte)
全長6 メートル、全幅 1.66 メートル、全高2.7 メートル、重量15.2 トン。定格出力 30.56kW×4 機、定格速度 16km/h。
写真の ED11 は車体を焼失し、1957 年(昭和 32 年)にナニワ工機で新造した。このため、他の機関車より丸みを帯びている。2014 年(平成 26 年)に廃止車両となり、宇奈月駅脇のトロッコ広場に展示されている。
黒部峡谷鉄道 関連

参考サイト

(この項おわり)
header